そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

          ショップの入り口へGo!


作業スペースのカスタマイズ
【PR】 「痛み・コリ・しびれに!」1分間からの癒し「太長寿」

【PR】 「コリ・血行改善に!」交流磁気シャワー「ソーケン」

【PR】 「コリ・痛みに!」簡易針治療器「ひしん」


体型、骨格はみんな違います。自分サイズを見つけましょう

◆机とイスを合わせる

可能な限り調節機能付きのものを使いましょう。特にイスについては妥協は禁物です。CPUは一世代くらい古くてもかまいません。そのぶんイスにお金をかけましょう。

・机の下のマニュアルやドキュメントを整理する
・イスの高さ、背もたれの硬さを調節する
・必要に応じて机の向きや位置も変える
(モニタ画面の映り込みや反射を防ぐため)

◆モニタと書類の配置を合わせる

・見る頻度の高いものを体の正面に置く
・モニタ画面は腕の長さほど離れた位置に置く
・画面内の良く見る部分と目線との角度が大きくならない高さに調節する
・書類は机の上にベタッと寝かせて見ない。立てて見る。

◆キーボードとポインティングデバイスを合わせる

・体を中心に左右の位置を合わせる
・手首と肘の高さとキーボードの高さを合わせる
・手を伸ばさなくてもよい位置に置く
・手首が長時間硬い部分にあたらないようにする

◆ソフトウェアをカスタマイズする

・画面の色合いや文字の大きさを自分に合わせる。
以下の操作を行うと、デスクトップやアプリケーションのメニューバーなどの文字を大きくできます。
1.コントロールパネル
2.画面
3.デザインTAB
4.配色を、Windowsスタンダード(特大のフォント)

・各アプリケーションの機能で、ツールバーなどの表示項目や位置を使用頻度に合わせて調節する。
・スクロールより、PageUp、PageDownキーを多用する。
・できるだけショートカットキーを使う。

長時間のマウス操作は、手首、腕、肩に負担をかけます。




前のページ  ホームページ   次ページ   章先頭へ