そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

          ショップの入り口へGo!


積極的な眼のリラクゼーション

1日に1度は眼を可愛がってあげましょう

自分ひとりで簡単にできる眼のリラクゼーション方法を紹介します。いずれも私自身がやってみて簡単かつ効果ありと感じたものです。

寝る前や、入浴時など身心がリラックスできる時に実行すると効果が倍増します。


1.東洋医学式「眼のマッサージ」
  顔面にある眼のツボを中心にしたマッサージです。
  ちょっと眼が疲れた時や、一日の終わりにおすすめです。
  所要時間 7分〜30分程度

2.眼の体操
  眼球を動かす筋肉をほぐして、血行や体液の流れを改善

3.冷湿布と温湿布
  眼が疲れたなと感じた時、眼の周囲を暖めたり、冷やしたり
  すると気持ち良くなります。市販品もいろいろ出ていますが、
  DIY(Do It Your Self)精神を発揮して自分で作ってみましょ
  う。気分転換にも なり、しかも安上がりで一挙両得です。

4.日光浴
  眼を閉じて太陽の方向を見ます。まぶたの向こう側に、太陽が
  見えるようなつもりで行います。とても気持ちがいいですよ。
  是非一度お試しあれ。

5.色と香りの花療法
  花が持つ香り、色、姿形が放つ「気」と人間の「気」とがピッタリ
  と合った時、人体に良い影響をおよぼすと言われています。

疲れ眼に効く、ワンポイント・ゾーンセラピー

1.右手人差し指の付け根から先端に向けて、もう一方の親指と
  人差し指とで揉みながら押し上げる。手のひら側と甲側の両方
  とも。この時 、第二関節と第三関節は特に強く念入りに。
2.左手も右手と同じ要領で揉む。
3.右足の第二指と第三指全体を、手の親指と人差し指でつかみよく揉む。
4.左足も右足と同じ要領で揉む。

足はともかく、手は時と場所を選ばずにできるので、「眼が疲れた」と感じた時に実行して下さい。

ゾーンセラピーは、「おもいっきりテレビ」などで紹介され大反響を呼んでいます。実際にかなりの場面で有効であることと、「自分1人」でもできることから、ストレス、肩こり、腰痛などについても、十分検証した上で、充実させてゆく予定です。こうご期待!




前のページ  ホームページ   次ページ   章先頭へ