そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

           ショップの入り口へGo!


ブルーベリーとアントシアニン

◆日本で脚光を浴びたキッカケ

「ブルーベリーが眼によい」と評判になったのは、「おもいっきりテレビ」のスペシャル番組で、薬学博士の久郷晴彦氏が「ブルーベリーエキスについて」発言されたことでした。この番組放送直後から、デパートや健康食品店には引き合いが殺到しました。また、97年度上半期の健康食品売れ筋調査でいきなりトップにランキングされました。

◆視覚機能への作用

視覚改善作用を体感するためには、ブルーベリーに含まれるアントシアニンを、120mg〜250mg程度を摂取する必要があります。これは、生食では120g〜250gにも相当し、経済的負担も大きくなります。またジャム製品も効果的ですが、糖分過剰の心配があります。

そこで手軽に安定的にアントシアニンを摂取できる、ブルーベリー・エキス製品が注目を浴びています。

網膜の視細胞には以下の細胞があります。

桿体:ロドプシンと呼ばれる色素が光に敏感に反応します。ロドプシンは光を受け分解し、すぐに再合成されます。しかし年齢と共に徐々に減少します。アントシアニンは、ロドプシンの再合成を助けることが判明しています。

錐体:主に色に反応します。





前のページ  ホームページ   次ページ   章先頭へ