そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

           ショップの入り口へGo!


リラクゼーションその1

肩に力が入りすぎていませんか?

デレ〜っとするのも大切です。
高度な現代社会を生きる私たちは緊張を
強いられている時間が長くなっています。

1.筋弛緩法


ストレスが高じ不安感や緊張感、恐怖感が強い時は、自律神経系の交感神経が緊張します。すると、筋肉は緊張し、血圧は上昇し、脈拍は早くなります。一方リラックスしている時は、交感神経の緊張はゆるみ、副交感神経の働きが優勢になり、筋肉は力が抜けて弛緩状態になります。この方法は、自らの意志で無理矢理筋肉を弛緩させて、リラックス状態を作ろうとするものです。

基本動作

1.ある部分の筋肉に思い切り力を入れる。
2.数秒間力を入れたままにする。
3.力をゆっくり(ときには急に)抜く。
4.力が抜けきった筋肉の感じを味わい記憶する

上記4ステップを基本動作にして、段階をおってトレーニングします。

第1段階:腕の筋肉

・手のひらを握り締め、開く。
・腕を曲げて力こぶを作り、ゆるめる。

第2段階:顔の筋肉

・顔にしわを作り、戻す。
・眼を堅く閉じ、開く。
・舌を歯茎に強くあて、戻す。

第3段階:首、肩、お腹の筋肉

・顎を強く引き、戻す。
・首を左右に強く傾け、戻す。
・肩をすぼめ、戻す。
・お腹に力を入れ、戻す。

第4段階:下半身の筋肉

・太股に力を入れ、戻す。
・ふくらはぎに力を入れ、戻す。

力が完全に抜けきった状態を感じ取ることが大切です。


前のページ  ホームページ   次ページ   章先頭へ