そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

           ショップの入り口へGo!


ストレスに効く栄養成分

バランスのとれた食事を楽しく食べるのががポイント

◆ストレスと栄養成分の関係


1.ストレスが加わると、脳底にある脳下垂体がホルモンを
  分泌して防御活動を始めます。

2.このホルモンが副腎に指令を出して、その皮質部分から
  コーチゾンなどのホルモンを産生させます。

3.この副腎ホルモンは、からだを緊急事態に対処させるよう、
  胸腺やリンパ腺からタンパク質をとり、エネルギー源の糖に変えます。

4.血糖値が上昇し、血圧は高くなり、血中脂肪が高くなります。

5.ミネラル類は骨から溶出し、血中濃度を増します。

6.このようにしてストレスと闘う準備を整えます。

7.結果として、胸腺、リンパ腺は萎縮し、あちこちの組織は身を
  削った状態になります。

8.削った部分の修復に必要な栄養素は充分に補充しなければ
  なりません。


◆ストレスに効く栄養成分

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、パントテン酸、ミネラル、タンパク質の不足に気を付けましょう。

タンパク質はアミノ酸で構成されています。

アミノ酸は約20種類あり、必須アミノ酸はその内の9種類です。必須アミノ酸はどれかひとつが不足すると、他のアミノ酸もそのレベルまでしか働きません。いろいろな食品を組み合わせることが大切です。

ストレスを受けやすい人は、普段から脂肪とコレステロールの摂取を控えましょう。


◆ストレスによる食生活の歪みは肥満を招きます。
健康のためを考えたダイエットはこちら


◆肝や腎に良い食品
竜眼、クルミ、百合、ナツメ、桑の実、クコ、豚の心臓、ハスの実、金針菜、
黒い食品


◆漢方流のストレスに良い食事

「カンがたかぶる」と言われるように肝機能が失調すると、気が頭にのぼり、不眠、イライラなどの症状が現われます。

また肝は血と深い関係があり、肝機能が失調すると血が騒ぎ、怒りっぽくなります。

腎機能が失調すると、恐れ、不安などの感情が強くなり、不眠の原因となります。

1.百合根と竜眼のムース

2.金針菜と百合根の漢方スープ


前のページ  ホームページ   次ページ   章先頭へ