そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

         ショップの入り口へGo!


活性酸素と発生原因 その3

◆現代の食品は大量の活性酸素をつくる。

・1日の食事で、約70種類の食品添加物を摂取しているといわれています。
・食品添加物は白血球から見れば異物です。
・白血球は活性酸素を吹きかけ、この異物を撃退しようとします。
・農薬のひとつである「除草剤」は、雑草の細胞に活性酸素を発生させて、DNAを破壊して枯らします。
・「殺虫剤」の中にも同様のものがあります。
・特に収穫後に散布される、「ポストハーベスト農薬」は残留率が高いので要注意です。
・野菜の葉や皮は栄養学的には非常に優れていますが、農薬問題から見るととても気になります。無農薬野菜、減農薬野菜が安く食べられる時代が望まれます。


◆放射線は大量の活性酸素をつくる

・放射線は最強の活性酸素ヒドロキシルラジカルを発生させ、DNAに危害を加えます。
・胃のレントゲンやCTスキャナの長時間の被爆は問題視されています。

俗に、

胃のレントゲンで、1年半寿命が縮む
CTスキャナで、半年寿命が縮む
というようなことが言われています。

・ガンの放射線治療は、活性酸素を発生させ、それでガン細胞のDNAを破壊します。
・ガン細胞は、正常細胞より強いため、周辺細胞のほうが先に破壊されてしまいます。
・抗ガン剤もほぼ同様です。


◆活性酸素を除去するスカベンジャー

私たちの体内では、活性酸素を除去するために
・スーパーオキシドジムスターゼ(SOD)
・カタラーゼ
・グルタチオンペルオキシターゼ
などの酵素が活躍しています。
これらの酵素も年をとると共に、抗酸化能力が弱くなってゆきます。加えて、私たちを取り巻く環境は悪くなる一方です。オゾン層の破壊による紫外線の増加、食品栄養素(ビタミン、ミネラル)の低下、ストレスの増加、水質汚染、各種環境ホルモンの増加、高齢化などなど。

ますます活性酸素は増えてゆきます。
より積極的に抗酸化食品を摂取する必要性が高まっています。


前のページ  ホームページ   次ページ   章先頭へ