心のケア(アロマサイコロジー応用)

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧商品購入サイト案内

エッセンシャルオイルの使用法

1.使用量
エッセンシャルオイルの量と効き目とは比例しません。ブレンドする各オイルの比率については
症状に合わせるようにします。最初はまずご相談ください。

2.使用期間
いつまで使えばよいのかといったものはありません。効果が実感でき、目的が達成された時点
でやめてもよいでしょう。また使用することで気持ちが良いのであればずっと続けてもよいと
思います。長期間使用したからといって習慣性があるようなものでもなく、これといった副作
用もありません。

3.用法はどれを選ぶか
時間が許すときは、マッサージによる方法をおすすめします。
またゆっくりとぬるめのアロマバスにつかるというのもよいでしょう。
また仕事中などはティシュやハンカチにオイルをつけておいて机の引き出しなどに
入れておくのもよいでしょう。

4.最低限必要なもの(マッサージオイルを作る場合)

・調合用の容量60cc程度ビン(青や茶色の光を遮るもの)
・ベースオイル(ホホバオイル、スイートアーモンド、アボガド、ピーチカーネルなど)
・エッセンシャルオイル(数種類)
 大変高価なオイルもありますので、友人知人と少しずつ分け合うもの賢明な方法です。

 オイルの種類にもよりますが、予算は5000円〜10000円ほどです。

5.使用上の注意

★妊娠中、授乳期間中の方はなるべく使用を避けたほうがよいでしょう。
 特に以下のオイルは避けてください。
 バジル、シナモン、フェンネル、ジュニパー、マージョラム、ペパーミント、ローズマリー
 タイム、クラリセージ、オレガノ、シトラス、セージ、ブラックペパー、シダーウッド

★お肌の敏感な方は、使用する前に24時間のスキンテストを行ってください。

★太陽の直射日光に当たる前にお肌につけるのは避けてください。

前ページ

ホームページ

次ページ

章先頭へ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧商品購入サイト案内